当ウェブサイトはクッキーを使用します。当ウェブサイトを使用し、サイト内を移動することで、あなたはこれに同意したこととみなされます。
閉じる
FlightAwareのフライト追跡は広告によりサポートされていることをご存知ですか?
広告表示を許可してくださることでFlightAware.comを無料で提供することができます。表示される広告は関連性の高い控えめなものを選んでいます。FlightAwareをホワイトリストに追加する方法はかんたんに設定していただくことができます。または、プレミアムアカウントのご利用をご検討ください.
閉じる

Do you want to link your Raspberry Pi with dump1090 to FlightAware?

If you are running an ADS-B receiver with dump1090 on a Raspberry Pi then you can install the PiAware package to transmit your ADS-B receiver data to FlightAware.

PiAware users can simultaneously use data from their Raspberry Pi running dump1090 and also send flight data to FlightAware via PiAware. Users that share data with FlightAware automatically qualify for a free upgrade to an Enterprise Account.

What is PiAware?

PiAware is a FlightAware client program that runs on a Raspberry Pi to securely transmit dump1090 ADS-B and Mode S data to FlightAware. PiAware is for people who are already running their own Raspberry Pi with an ADS-B receiver and dump1090.

It's fast and easy to get started.

Using the simple steps below, you can configure your Raspberry Pi to feed FlightAware. The process should take two to three minutes.

Already running PiAware?

View the PiAware upgrade page to update to the latest version.

1What's needed

You should already have a Raspberry Pi with Raspbian installed and some basic familiarity with using it.

If you are new to using a Pi or need to build a receiver from scratch please see these instructions instead!

  • Raspberry Pi
  • Raspbian Stretch or Stretch Lite OS installed
  • Internet Connection
  • Access to a command line shell on the Pi, either over the network or using an attached keyboard and display

2Download and Install PiAware

Download and install the PiAware repository package, which tells your Pi's package manager (apt) how to find FlightAware's software packages in addition to the packages provided by Raspbian.

For Raspberry Pi's running on Raspbian Stretch OS, execute the following commands from the command line:

wget http://ja.flightaware.com/adsb/piaware/files/packages/pool/piaware/p/piaware-support/piaware-repository_3.7.1_all.deb
sudo dpkg -i piaware-repository_3.7.1_all.deb

For Raspberry Pi's running on Raspbian Jessie OS, click here


This will download and install PiAware and required dependencies on your Raspberry Pi.

sudo apt-get update
sudo apt-get install piaware

This will enable automatic and manual (web-based, via your request) PiAware software updates. These updates are disabled by default. To leave updates disabled, skip this step.

sudo piaware-config allow-auto-updates yes
sudo piaware-config allow-manual-updates yes

3Download and Install dump1090

If you don't already have ADS-B receiver software such as dump1090 installed, then you can install FlightAware's version of dump1090 by executing the following command.


sudo apt-get install dump1090-fa

4Download and Install dump978

Note: 978 UAT tracking is only supported on Stretch OS. If you are using Jessie OS or earlier, skip this step.


sudo apt-get install dump978-fa

For further instructions to configure your receiver for 978 UAT, go to our advanced configuration page.

5Reboot your Pi

Once you have finished installing and configuring the packages, reboot your Raspberry Pi to ensure that everything starts correctly.


sudo reboot

6FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

PiAwareが起動するまで4~5分程度お待ちいただき、起動後にFlightAwareアカウントをPiAwareデバイスに関連付けます。これにより、参加者に与えられるすべての特典が利用可能になります。

FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

5分経ってもデバイスが割り当てられた通りに表示されない場合は、デバイスを再起動してください。再起動しても解決できない場合は、WiFi設定が正しいことを確認してください(WiFiをお使いの場合)。それでも解決できない場合は、ADSBsupport@FlightAware.comへご連絡ください。(下記リンクの)統計ページで割り当てられたことをご確認ください。

7自分のADS-Bの統計を見る

  1. あなたのADS-B統計情報:http://ja.flightaware.com/adsb/stats
    • FlightAwareはすぐにあなたのデータの処理を開始し、30分以内に統計情報を表示します。
    • Statistics Page
    • またはサインインした状態で、上部の「マイADS-B」をクリックしてください。この「マイADS-B」は、あなたのサイト(機器の設置場所)から30分以上データが送信された後に表示されるようになっています。
    • My ADS-B in the page header
  2. サイト名の右側に表示されている歯車アイコンをクリックすると統計ページが表示され、ご自宅の場所とアンテナの高さを設定できます。
    • マルチラテレーション(MLAT)は、航空機からの信号を受信した位置を認識することで航空機の位置をピンポイントで認識し、動作します。
    • Statistics page gear icon location
  3. FlightAwareの統計ページでは、お使いのデバイスのローカルIPも確認でき、直接接続リンクも提供しています。レシーバーが検知しているフライトをマップ上で表示するウェブポータル「SkyView」へのリンクも確認できます。
  4. Statistics page Skyview link location
    FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface

関連リンク (PiAware, Raspberry Pi, dump1090, and more)

FlightAware does not own or have any rights in the SkyView® mark or brand. All rights to the SKYVIEW mark are owned by ATAC Corporation.

ログイン

アカウントをお持ちではありませんか? 今すぐ登録(無料)!機能やフライトアラート、その他様々な設定をカスタマイズできます!