当ウェブサイトはクッキーを使用します。当ウェブサイトを使用し、サイト内を移動することで、あなたはこれに同意したこととみなされます。
閉じる
FlightAwareのフライト追跡は広告によりサポートされていることをご存知ですか?
広告表示を許可してくださることでFlightAware.comを無料で提供することができます。表示される広告は関連性の高い控えめなものを選んでいます。FlightAwareをホワイトリストに追加する方法はかんたんに設定していただくことができます。または、プレミアムアカウントのご利用をご検討ください.
閉じる
(登録 または ログイン)
  5 投票数 (4.00 平均) と 1,121 閲覧数  

/images/icons/csMagGlass.png / / フル

N370WB

送信時刻:

Comments

Please log in or register to post a comment.

cliff731
I had a very interesting conversation with the USAF pilot of an A-37B variant of this type circa 1980 who was making an in transit fuel stop at Thompson Field, KJAN, on his way cross country. He loved flying the "Dragonfly" (or "Super Tweet" if you prefer)... but he definitely lamented its lack of range! The Cessna A-37B type was eventually redesignated as the OA-37B by the USAF in the early 1980's.

The Tweet in the photo, N370WB, is a T-37C according to its FAA civil registration. It differs from the A-37B in lacking the A-37B's wing tip fuel tanks, additional under wing hard points, and additional under wing fuel tanks... along with a refueling probe. Different engines too on the "Super Tweet"!

N370WB carried USAF s/n 66-13618. Mr. Joe Baugher related the following information regarding this specific aircraft...

"66-13611/13621, Cessna T-37C, MSN 40967/40977. All sold to Peruvian AF".

"13618 (MSN 40974) sold from Peru to civil market as N7154W, later N370WB".

Jeff Lawson - thanks for sharing this photo with us!!!
運航表
1998年のN370WBに関する全資料を検索しますか? 今すぐ購入。1時間以内に入手できます。
日付 機種 出発地 目的地 出発時間 到着 飛行時間
No Recent History Data
ベーシックユーザー(登録は無料で簡単です!)は3 monthsの履歴を見ることができます。 登録する
 

ログイン

アカウントをお持ちではありませんか? 今すぐ登録(無料)!機能やフライトアラート、その他様々な設定をカスタマイズできます!