当ウェブサイトはクッキーを使用します。当ウェブサイトを使用し、サイト内を移動することで、あなたはこれに同意したこととみなされます。
閉じる
FlightAwareのフライト追跡は広告によりサポートされていることをご存知ですか?
広告表示を許可してくださることでFlightAware.comを無料で提供することができます。表示される広告は関連性の高い控えめなものを選んでいます。FlightAwareをホワイトリストに追加する方法はかんたんに設定していただくことができます。または、プレミアムアカウントのご利用をご検討ください.
閉じる
(登録 または ログイン)
  15 投票数 (4.55 平均) と 7,237 閲覧数  

/images/icons/csMagGlass.png / / フル

Lockheed EC-121 Constellation (VH-EAG)

送信時刻:

Originally built by Lockheed as a C-121C (c/n 4176) for the United States Air Force in 1955 - serial number 54-0157 and served until its relegation to storage at Tucson, Arizona in 1977.
Considered obsolete and of no further use, storage maintenance ceased in 1981 and as a result was designated of scrap value only. Most of the engine accessories and instruments had been cannibalised and failure to re-seal the aircraft after an inspection permitted access to legions of birds to nest and foul the interior over many years.
In 1990 some HAR Society members were in Tucson collecting Neptune spares and saw this derelict Super Constellationand the thought occurred that it should be recovered to complete Australia’s aviation history and negotiations commenced for its acquisition.
In 1991, HARS started what was to become a major project when 'Connie' was restored and delivered to Australia relying solely on volunteer labour and in 1994 the Super Constellation took to the air after nearly eighteen years on the ground arriving in Australia in 1996 after extensive planning and preparation.

<a href="http://hars.org.au/2009/05/the-connie/"; rel="nofollow">hars.org.au/2009/05/the-connie/</a>;

Comments

Please log in or register to post a comment.

運航表
1998年のVH-EAGに関する全資料を検索しますか? 今すぐ購入。1時間以内に入手できます。
日付 機種 出発地 目的地 出発時間 到着 飛行時間
No Recent History Data
ベーシックユーザー(登録は無料で簡単です!)は3 monthsの履歴を見ることができます。 登録する
 

ログイン

アカウントをお持ちではありませんか? 今すぐ登録(無料)!機能やフライトアラート、その他様々な設定をカスタマイズできます!