FlightAware PiAware ADS-B受信機を自作してみませんか?

設置場所を選ばず、航空機からご自分のコンピューターへ直接リアルタイムのデータを受信できるご自分専用のADS-B受信機を作成・運用することができるようになりました。

あなたのデバイスではFlightAwareのPiAwareソフトウェアがご利用可能です。100-300 miles(直線の視野方向、範囲はアンテナの設置状況によります)内のフライトを追跡でき、FlightAwareに自動的にデータを送信できます。 ご自分のPiAwareデバイスまたはFlightAware.com経由で直接フライトを追跡できます。

FlightAwareからの感謝の気持ちとして、受信したADS-Bデータを送信してくださるユーザーには以下を提供させていただきます:

  • flightaware.comのライブデータ(データ処理時間により最大2分間遅延することがあります)
  • ローカルデバイスで受信した最新ライブデータへのアクセス(ローカルネットワーク接続で統計ページにアクセスして閲覧できます)
  • ローカルデバイスから送信されたデータはFlightAwareの追跡ログ上でハイライト表示されます
  • サイトパフォーマンスの詳細な統計
  • Enterprise Account(USD89.95/月)が無料になります

すぐに簡単に始めることができます!

下記説明書をお使いになれば、約2時間で完成します。パーツ費用は約100米ドル/80ユーロです。

既にRaspberry Piでdump1090を起動中ですか?

PiAwareの最新版のインストールについては、PiAwareインストール方法解説ページをご覧ください。
FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface
1PiAwareショッピングリスト

PiAwareを組み立てるには、以下のコンポーネントが必要です:

  1. Raspberry Pi 3
    • Raspberry Pi 2もご使用いただけますが、インターネットにワイヤレス接続する場合はUSB Wi-Fiアダプターが必要です
    • Raspberry Pi Zero Wもご使用になれます
  2. Raspberry Pi用電源
    • 推奨電源仕様は5.1ボルト 2.5アンペアです
  3. マイクロSDカード(サイズ:8GB以上)
  4. マイクロSDカードリーダー
    • コンピューターにSDカードスロットがない場合は、USB接続可能なSDカードリーダー/ライターが必要です。
  5. USB SDR ADS-Bレシーバー(FlightAware Pro StickまたはPro Stick Plus推奨)
    • USB SDR(ソフトウェア無線)ADS-B(放送型自動従属監視/航空機から発信される情報を自動的に監視、放送するシステム)レシーバーは、1090MHzの無線信号をコンピューターが判読可能なデータに書き換えます
    • ヒント:FlightAware Pro StickまたはPro Stick Plusのどちらか一方を選択する場合、Plusには都会のような無線ノイズの多いエリアでよく動作するオンボードフィルターが搭載されていることをご考慮ください。
  6. 1090MHzアンテナ
    • 手始めに屋内アンテナを購入しましょう。FlightAware USBアダプターをお使いの場合は、必ずSMAコネクター付きのアンテナをご用意ください。
    • 伸縮式支柱アンテナをご使用の場合は、感度を最大限に高めるため、1090Mhzの1/4の波長(6.9㎝)まで縮めてください。
必須ではありませんが、以下のアイテムを購入、入手することもできます。
  • マイクロSDカードはPiAwareに工場出荷時から組み込まれています
    • マイクロSDカードのプログラム手順をスキップする
  • Raspberry Piケース
    • Raspberry Piをショートから守ります
  • Ethernet Cable
    • Wi-Fiを使用しない場合に必要です
  • 1090MHz信号フィルター
    • 都会や無線ノイズの多い場所にお住いの場合は、過剰な信号をフィルターで排除するのに役立ちます。
  • 200ジュールのサージプロテクター
    • Raspberry Piは電圧スパイクに対して脆弱なため、破損防止のためにサージプロテクターの利用をご検討ください。
    • 高電圧スパイクエリアにお住いの場合は、800ジュールのサージプロテクターの利用をご検討ください

PiAwareの作成に必要なパーツは世界中のどこにでもありますが、サプライヤーや販売状況は国により異なります。South Africaで利用可能なアイテム一覧をリンク付きでまとめましたので、ご活用ください: あなたの国でより良いサプライヤーをご存知の場合は、ディスカッションフォーラムでお知らせください。該当する国のアイテム、サプライヤーをご覧ください:

Argentina | Australia | Canada | Germany | France | India | Mexico | Norway | People's Republic of China | Russia | South Africa | South Korea | Thailand | Turkey | United Kingdom | United States

  • 必要なアイテム
  • Optional
  • 2PiAwareをSDカードにインストールする

    正確なドライブ
    イメージをインストールするドライブを正確に選択してください
    Windows
    1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.3 ZIP (310MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
      • このリンクをクリックすると、ファイルが自動的に「ダウンロード」フォルダーへダウンロードされます。
    2. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従ってプログラムをインストールしてください。
      • Windowsのオペレーティングシステムを確認できる場所:コントロールパネル\\すべてのコントロールパネルアイテム\\システム。コントロールパネルのオプションを見るには、コントロールパネルを小さいアイコンで表示します。
      • Control Panel -> All Control Panel Items -> System
    3. Etcherを開きます。
      • Etcherは管理者権限を要する場合があります(右クリックして、\"管理者として実行\")。
      • Windows 'Run as Administrator'
    4. PiAwareのzipファイルを選択します。
    5. 注意深く正しいマイクロSDカードまたはUSBドライブを選択してください。選択されたドライブ上のデータはすべて消去されます。不注意により何年もかけて保存してきた写真を消去してしまった人もいますので、くれぐれもご注意ください。大切なデータを誤って消去しないよう、外部ハードドライブやその他の外部接続デバイスを予め取り外しておくことをおすすめします。
      • 「マイコンピューター」の画面でドライブを確認します。下の画像は「リムーバブルディスク F」としてマイクロSDカードを表示しています。
      • Etcher Icon
    6. 正しいドライブが選択されていることを確認したら「Flash!」を押してください。
    7. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを排出します。
    8. Etcher Flash Complete
    Mac Os X
    1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.3 ZIP (310MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
      • このリンクをクリックすると、ファイルが自動的に「ダウンロード」フォルダーへダウンロードされます。
    2. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従ってプログラムをインストールしてください。
    3. Etcher download
    4. Etcherを開きます。
      • プログラムは管理者として起動する必要がある場合があります(コントロール+アプリケーションを開く)
      Etcher Icon
    5. PiAwareのzipファイルを選択します。
    6. 注意深く正しいマイクロSDカードまたはUSBドライブを選択してください。選択されたドライブ上のデータはすべて消去されます。不注意により何年もかけて保存してきた写真を消去してしまった人もいますので、くれぐれもご注意ください。大切なデータを誤って消去しないよう、外部ハードドライブやその他の外部接続デバイスを予め取り外しておくことをおすすめします。
      • Finder画面で該当ドライブを指定してください。下の画像はマイクロSDカードが'NO NAME'として表示されています。
      • NO NAME
      • 管理者権限が必要です。指示が表示されたら管理者アカウントにサインインしてください。
    7. 正しいドライブが選択されていることを確認したら「Flash!」を押してください。
    8. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを排出します。
    9. Etcher Flash Complete

    3任意:WiFiを有効にします

    オンボードWiFiまたはUSBアダプターでインターネットに接続している場合は設定ファイルを編集する必要があります。Etcherはフォーマット完了後、マイクロSDカードを排出します。マイクロSDカードまたはUSBアダプターを物理的に取り出し、再度コンピューターに差し込んで設定ファイルを編集します。

    設定ファイルではユーザーが以下の設定を行うことができます

    • 有線ネットワーク
    • 無線(WiFi)ネットワーク
      • PiAwareは暗号化されていないネットワークや暗号化されたWPA/WPA2ネットワークに対応しています;WEPは非対応
    • 自動または手動アップデート*
    • マルチラテレーション(MLAT)出力*
    • 受信機タイプ(RTL-SDR、Beast、Radarcapeまたは他のMode S/ADS-Bソース)
    • RTL-SDRゲイン、PPM、デバイスインデックス
    • *サイトの統計ページで設定可能な項目を表示します 全般設定オプションについては、 高度な設定 をご覧ください
    設定ファイル形式

    The configuration file is a simple plain text format file.

    「#」で始まるライン(文)はコメントラインですので無視されます。空白ラインも無視されます。その他のラインは設定を定義するものです。

    Windows
    1. エクスプローラーを開きます
    2. PiAwareと名前の付いたマイクロSDカードデバイスを選択します
    3. piaware-config.txtという名前のファイルを開きます
    4. ファイルはNotepad(メモ帳)で開きます
    Mac Os X
    1. Finderプログラムを開きます
    2. PiAwareと名前の付いたマイクロSDカードデバイスを選択します
    3. piaware-config.txtという名前のファイルを開きます
    4. ファイルはTextEditで開きます

    以下は開いているテキストファイルです。WiFiを有効にする方法は太字で表示されています。

    
    #
    # This file configures the Piaware sdcard image
    # configuration. Whenever the system boots, this
    # file is read and its contents are used to
    # configure the system.
    #
    # Lines beginning with a '#' are comment lines
    # and are ignored. Blank lines are also ignored.
    # All other lines specify configuration settings.
    #
    
    #
    # WIRED NETWORK CONFIGURATION
    #
    # Should piaware use the wired ethernet port
    # for network access?
    wired-network yes
    
    # Wired network configuration:
    # Most networks will use DHCP
    wired-type dhcp
    
    # Alternatively, a static address configuration
    # can be provided; set "wired-type" to static to use this.
    wired-address 192.168.1.10
    wired-netmask 255.255.255.0
    wired-broadcast 192.168.1.255
    wired-gateway 192.168.1.254
    wired-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4
    
    #
    # WIRELESS NETWORK CONFIGURATION
    #
    
    # Should piaware use a wifi adaptor
    # for network access? You will need to attach
    # a supported USB wifi adaptor for this to work.
    
    # change this to "yes" to enable wifi
    wireless-network yes
    
    # Wifi SSID and password.
    # This should be changed to match your wireless
    # network SSID and, for networks that require
    # a passphrase, the passphrase.
    wireless-ssid MyWifiNetwork <-----replace MyWifiNetwork with the name of your WiFi (aka the SSID of your local network)
    wireless-password s3cr3t <-----replace s3cr3t with the password to your WiFi
    
    # Wifi network configuration:
    # Most networks will use DHCP
    wireless-type dhcp
    
    # Alternatively, a static address configuration
    # can be provided; set "wireless-type" to static to use this.
    wireless-address 192.168.1.10
    wireless-netmask 255.255.255.0
    wireless-broadcast 192.168.1.255
    wireless-gateway 192.168.1.254
    wireless-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4
    
    
    Windows
    1. ファイルの編集終了後、保存してNotepad(メモ帳)をとじてください
    2. システムトレーまたはマイコンピューターでマイクロSDドライブを右クリックして取り出すを選択し、カードを取り出します。
    3. piaware eject Windows 7
    4. SDカードを取り出せる状態になったことを知らせるポップアップが表示されます
    5. Windows SD card safe to remove
    Mac Os X
    1. ファイルの編集終了後、保存してTextEditを閉じてください
    2. Finderまたは取り出しアイコンを使用してマイクロSDカードを取り出してください。
    3. piaware eject button MAC

    4PiAwareデバイスを起動する

    1. Raspberry Piに(PiAwareをインストールした)SDカードを挿入します。
    2. Micro SD card in Pi
    3. 任意:Raspberry Piにケースを付けてください。
    4. Raspberry PiにUSB SDR ADS-Bレシーバーを差し込んでください。
    5. RTL-SDR connected to Raspberry Pi
    6. アンテナケーブルをUSB SDR ADS-Bドングルにしっかりと差し込みます。
    7. Antenna connected to USB SDR ADS-B receiver
    8. イーサーネット(インターネット)ケーブルを接続します。(WiFiを使用する場合はこのステップは飛ばしてください)
    9. Raspberry Piの電源をコンセントにさしてください。
    10. Raspberry Pi connected to power and an antenna
    11. Raspberry Piの赤色のLEDライトが点灯し、緑色のLEDライトが点滅しており、イーサーネット接続口の隣にある緑色と黄色のLEDライトも点滅していることを確認する。
    12. Raspberry Pi LEDs

    5FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

    PiAwareが起動するまで4~5分程度お待ちいただき、起動後にFlightAwareアカウントをPiAwareデバイスに関連付けます。これにより、参加者に与えられるすべての特典が利用可能になります。

    デバイスの起動後は:

    お使いのルーターの管理画面でIPアドレスを確認し、ブラウザーで同じネットワーク上の該当IPアドレスを入力して移動してください。デバイスが割り当てられていない場合は、PiAwareデバイスを割り当てるリンクが表示されます。

    または

    FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

    5分経ってもデバイスが割り当てられた通りに表示されない場合は、デバイスを再起動してください。再起動しても解決できない場合は、WiFi設定が正しいことを確認してください(WiFiをお使いの場合)。最後にADSBsupport@FlightAware.comへご連絡ください。(下記リンクの)統計ページで割り当てられたことをご確認ください。

    FlightAware PiAware: Claim PiAware via Status

    6自分のADS-Bの統計を見る

    1. あなたのADS-B統計情報:http://ja.flightaware.com/adsb/stats
      • FlightAwareはすぐにあなたのデータの処理を開始し、30分以内に統計情報を表示します。
    2. サイト名の右側に表示されている歯車アイコンをクリックすると統計ページが表示され、ご自宅の場所とアンテナの高さを設定できます。
      • マルチラテレーション(MLAT)は、航空機からの信号を受信した場所を認識することで航空機の位置をピンポイントで示します。
    3. FlightAwareの統計ページでは、お使いのデバイスのローカルIPを確認でき、直接接続リンクを提供しています。レシーバーが検知しているフライトをマップ上で表示するウェブポータル「SkyView」へのリンクも確認できます。
    FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface

    7成功!

    飛行機からの信号は障害物を通過できませんので、アンテナは上空までの"直線の視野方向"に障害物がない場所に設置しなければなりません。最適な設置場所は250マイル / 400km以上の範囲をカバーできる屋外の屋根の上です。

    PiAwareを使って、ADS-Bフィーダー様専用のFlightAware機能を存分にお楽しみください。 あなたの体験をシェアしたり、より詳しく学ぶには、ディスカッションフォーラムをご利用ください。

    8高度な設定のためのオプション設定