FlightAware PiAware ADS-B受信機を自作してみませんか?

設置場所を選ばず、航空機からご自分のコンピューターへ直接リアルタイムのデータを受信できるご自分専用のADS-B受信機を作成・運用することができるようになりました。

あなたのデバイスではFlightAwareのPiAwareソフトウェアがご利用可能です。100-300 miles(直線の視野方向、範囲はアンテナの設置状況によります)内のフライトを追跡でき、FlightAwareに自動的にデータを送信できます。 ご自分のPiAwareデバイスまたはFlightAware.com経由で直接航空便を追跡できます。

FlightAwareからの感謝の気持ちとして、受信したADS-Bデータを送信してくださるユーザーには以下を提供させていただきます:

  • flightaware.comのライブデータ(データ処理時間により最大2分間遅延することがあります)
  • ローカルデバイスで受信した最新ライブデータへのアクセス(ローカルネットワーク接続で統計ページにアクセスして閲覧できます)
  • ローカルデバイスから送信されたデータはFlightAwareの追跡ログ上でハイライト表示されます
  • サイトパフォーマンスの詳細な統計
  • Enterprise Account(USD89.95/月)が無料になります

すぐに簡単に始めることができます!

下記説明書をお使いになれば、約2時間で完成します。パーツ費用は約100米ドル/80ユーロです。

既にRaspberry Piでdump1090を起動中ですか?

PiAwareの最新版のインストールについては、PiAwareインストール方法解説ページをご覧ください。
FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface
1PiAwareショッピングリスト

PiAwareを組み立てるには、以下のコンポーネントが必要です:

  1. Raspberry Pi 3
    • Raspberry Pi 2もご使用いただけますが、インターネットにワイヤレス接続する場合はUSB Wi-Fiアダプターが必要です
    • Raspberry Pi Zero Wもご使用になれます
  2. Raspberry Pi用電源
    • 推奨電源仕様は5.1ボルト 2.5アンペアです
  3. マイクロSDカード(サイズ:8GB以上)
  4. マイクロSDカードリーダー
    • コンピューターにSDカードスロットがない場合は、USB接続可能なSDカードリーダー/ライターが必要です。
  5. RTL-SDR USBアダプター(FlightAware Pro StickまたはPro Stick Plus推奨)
    • USBアダプターは1090MHz無線信号をコンピューターが判読可能なデータに書き換えます
    • ヒント:FlightAware Pro StickまたはPro Stick Plusのどちらか一方を選択する場合、Plusには都会のような無線ノイズの多いエリアでよく動作するオンボードフィルターが搭載されていることをご考慮ください。
  6. 1090MHzアンテナ
    • 手始めに屋内アンテナを購入しましょう。FlightAware USBアダプターをお使いの場合は、必ずSMAコネクター付きのアンテナをご用意ください。
    • If you use a telescoping mast antenna be sure to collapse it to a quarter wavelength of 1090 MHz (6.9 cm) to maximize reception.
必須ではありませんが、以下のアイテムを購入、入手することもできます。
  • マイクロSDカードはPiAwareに工場出荷時から組み込まれています
    • マイクロSDカードのプログラム手順をスキップする
  • Raspberry Piケース
    • Raspberry Piをショートから守ります
  • Ethernet Cable
    • Wi-Fiを使用しない場合に必要です
  • 1090MHz信号フィルター
    • 都会や無線ノイズの多い場所にお住いの場合は、過剰な信号をフィルターで排除するのに役立ちます。
  • 200ジュールのサージプロテクター
    • Raspberry Piは電圧スパイクに対して脆弱なため、破損防止のためにサージプロテクターの利用をご検討ください。
    • 高電圧スパイクエリアにお住いの場合は、800ジュールのサージプロテクターの利用をご検討ください

PiAwareの作成に必要なパーツは世界中のどこにでもありますが、サプライヤーや販売状況は国により異なります。Norwayで利用可能なアイテム一覧をリンク付きでまとめましたので、ご活用ください: あなたの国でより良いサプライヤーをご存知の場合は、ディスカッションフォーラムでお知らせください。該当する国のアイテム、サプライヤーをご覧ください:

Argentina | Australia | Canada | Germany | France | India | Mexico | Norway | People's Republic of China | Russia | South Africa | South Korea | Thailand | Turkey | United Kingdom | United States

2PiAwareをSDカードにインストールする

正確なドライブ
イメージをインストールするドライブを正確に選択してください
Windows
  1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.0 ZIP (320MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
    • Clicking on the link will automatically download the file into the download folder.
  2. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従って解凍したPiAwareのイメージをマイクロSDカードにインストールしてください。
    • Information on your Windows operating system can be found under: Control Panel\\All Control Panel Items\\System. View the Control Panel with small icons to see all the Control Panel options.
    • Control Panel -> All Control Panel Items -> System
  3. Open Etcher.
    • プログラムは管理者として起動する必要がある場合があります(右クリックして「管理者として実行」)
    • Windows 'Run as Administrator'
  4. Select the PiAware zip file.
  5. Select the correct Micro SD card USB drive carefully, the process will overwrite any data on the drive and people have lost years worth of pictures accidentally. Consider removing external hard drives and other devices to avoid accidentally overwriting the data.
    • Confirm the drive on the 'My Computer' screen. The below image shows the micro SD card as 'Removable Disk F:'.
    • Etcher Icon
  6. Once you are sure the correct drive is chosen press 'Flash!'.
  7. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを押し出します。
  8. Etcher Flash Complete
Mac Os X
  1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.0 ZIP (320MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
    • Clicking on the link will automatically download the file into the download folder.
  2. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従って解凍したPiAwareのイメージをマイクロSDカードにインストールしてください。
  3. Etcher download
  4. Open Etcher.
    • プログラムは管理者として起動する必要がある場合があります(コントロール+アプリケーションを開く)
    Etcher Icon
  5. Select the PiAware zip file.
  6. Select the correct Micro SD card USB drive carefully, the process will overwrite any data on the drive and people have lost years worth of pictures accidentally. Consider removing external hard drives and other devices to avoid accidentally overwriting the data.
    • Confirm the drive on the 'Finder' screen. The below image shows the micro SD card as 'NO NAME'.
    • NO NAME
    • Administrative privileges on the computer will be needed, sign into an administrative account if a prompt appears.
  7. Once you are sure the correct drive is chosen press 'Flash!'.
  8. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを押し出します。
  9. Etcher Flash Complete

3Optional: Enable Wi-Fi

If on board Wi-Fi or a USB adapter will be used to connect to the internet you will need to edit the configuration file. Etcher will automatically eject the Micro SD card after formatting, physically remove the Micro SD card or USB adapter and plug it back into the computer to edit the configuration file.

設定ファイルではユーザーが以下の設定を行うことができます

  • 有線ネットワーク
  • 無線(WiFi)ネットワーク
    • PiAwareは暗号化されていないネットワークや暗号化されたWPA/WPA2ネットワークに対応しています;WEPは非対応
  • 自動または手動アップデート*
  • マルチラテレーション(MLAT)出力*
  • 受信機タイプ(RTL-SDR、Beast、Radarcapeまたは他のMode S/ADS-Bソース)
  • RTL-SDRゲイン、PPM、デバイスインデックス
  • * indicates a setting that can be configured on the site's statistics page. For full configuration options see advanced configuration
設定ファイル形式

The configuration file is a simple plain text format file.

「#」で始まるライン(文)はコメントラインですので無視されます。空白ラインも無視されます。その他のラインは設定を定義するものです。

Windows
  1. Open the Explorer program
  2. Select the Micro SD card device labeled piaware
  3. Open the file labeled piaware-config.txt
  4. The file will open in Notepad
Mac Os X
  1. Open the Finder program
  2. Select the Micro SD card device labeled piaware
  3. Open the file labeled piaware-config.txt
  4. The file will open in TextEdit

Below is the text file opened, instructions to enable Wi-Fi are in BOLD.


#
# This file configures the Piaware sdcard image
# configuration. Whenever the system boots, this
# file is read and its contents are used to
# configure the system.
#
# Lines beginning with a '#' are comment lines
# and are ignored. Blank lines are also ignored.
# All other lines specify configuration settings.
#

#
# WIRED NETWORK CONFIGURATION
#
# Should piaware use the wired ethernet port
# for network access?
wired-network yes

# Wired network configuration:
# Most networks will use DHCP
wired-type dhcp

# Alternatively, a static address configuration
# can be provided; set "wired-type" to static to use this.
wired-address 192.168.1.10
wired-netmask 255.255.255.0
wired-broadcast 192.168.1.255
wired-gateway 192.168.1.254
wired-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4

#
# WIRELESS NETWORK CONFIGURATION
#

# Should piaware use a wifi adaptor
# for network access? You will need to attach
# a supported USB wifi adaptor for this to work.

# change this to "yes" to enable wifi
wireless-network yes

# Wifi SSID and password.
# This should be changed to match your wireless
# network SSID and, for networks that require
# a passphrase, the passphrase.
wireless-ssid MyWifiNetwork <-----replace MyWifiNetwork with the name of your WiFi (aka the SSID of your local network)
wireless-password s3cr3t <-----replace s3cr3t with the password to your WiFi

# Wifi network configuration:
# Most networks will use DHCP
wireless-type dhcp

# Alternatively, a static address configuration
# can be provided; set "wireless-type" to static to use this.
wireless-address 192.168.1.10
wireless-netmask 255.255.255.0
wireless-broadcast 192.168.1.255
wireless-gateway 192.168.1.254
wireless-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4

Windows
  1. Once the file has been edited save and close Notepad
  2. Eject the Micro SD card either in My Computer by right clicking and selecting Eject
  3. piaware eject Windows 7
  4. A pop-up should appear stating it is OK to remove the SD card
  5. Windows SD card safe to remove
Mac Os X
  1. Once the file has been edited save and close TextEdit
  2. Eject the Micro SD card either in Finder using the eject icon
  3. piaware eject button MAC

4PiAwareデバイスを起動する

  1. Raspberry Piに(PiAwareをインストールした)SDカードを挿入します。
  2. Micro SD card in Pi
  3. Optional: Put the case on the Raspberry Pi.
  4. Plug the USB SDR ADS-B receiver into the Raspberry Pi.
  5. RTL-SDR connected to Raspberry Pi
  6. アンテナケーブルをUSB ADS-Bドングルにしっかりと差し込みます。
  7. Antenna connected to USB SDR ADS-B receiver
  8. イーサーネット(インターネット)ケーブルを接続します。(WiFiを使用する場合はこのステップは飛ばしてください)
  9. Plug the power into your Raspberry Pi.
  10. Raspberry Pi connected to power and an antenna
  11. Raspberry Piの赤色のLEDライトが点灯し、緑色のLEDライトが点滅しており、イーサーネット接続口の隣にある緑色と黄色のLEDライトも点滅していることを確認する。
  12. Raspberry Pi LEDs

5FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

PiAwareが起動するまで4~5分程度お待ちいただき、起動後にFlightAwareアカウントをPiAwareデバイスに関連付けます。これにより、参加者に与えられるすべての特典が利用可能になります。

デバイスの起動後は:

Look up the IP address in your router admin and go to the assigned IP address in a browser on the same network. If the device hasn't been claimed a link to claim the PiAware device will display.

Or

FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

If after 5 minutes your device hasn't displayed as claimed try restarting the device, if that still doesn't work re-confirm the Wi-Fi settings (if using Wi-Fi) are correct. Lastly contact us at ADSBsupport@FlightAware.com. Check your stats page (link below) to confirm it was claimed.

FlightAware PiAware: Claim PiAware via Status

6自分のADS-Bの統計を見る

  1. あなたのADS-B統計情報:http://ja.flightaware.com/adsb/stats
    • FlightAwareはすぐにあなたのデータの処理を開始し、30分以内に統計情報を表示します。
  2. Configure your location and antenna height on your statistics page by clicking on the gear icon located to the right of the Site name.
    • Multilateration, also known as MLAT, functions by pinpointing the location of an aircraft by knowing the locations of sites that received messages from the aircraft.
  3. The FlightAware stats page will also tell you the local IP of your device and provide a link for direct connection. This is where you can find a link to SkyView, a web portal for viewing flights the receiver is picking up messages from on a map.
FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface

7成功!

飛行機からの信号は障害物を通過できませんので、アンテナは上空までの"直線の視野方向"に障害物がない場所に設置しなければなりません。最適な設置場所は250マイル / 400km以上の範囲をカバーできる屋外の屋根の上です。

PiAwareを使って、ADS-Bフィーダー様専用のFlightAware機能を存分にお楽しみください。 あなたの体験をシェアしたり、より詳しく学ぶには、ディスカッションフォーラムをご利用ください。

8高度な設定のためのオプション設定