FlightAware PiAware ADS-B受信機を自作してみませんか?

設置場所を選ばず、航空機からご自分のコンピューターへ直接リアルタイムのデータを受信できるご自分専用のADS-B受信機を作成・運用することができるようになりました。

あなたのデバイスではFlightAwareのPiAwareソフトウェアがご利用可能です。100-300 miles(直線の視野方向、範囲はアンテナの設置状況によります)内のフライトを追跡でき、FlightAwareに自動的にデータを送信できます。 ご自分のPiAwareデバイスまたはFlightAware.com経由で直接航空便を追跡できます。

FlightAwareからの感謝の気持ちとして、受信したADS-Bデータを送信してくださるユーザーには以下を提供させていただきます:

  • flightaware.comのライブデータ(データ処理時間により最大2分間遅延することがあります)
  • ローカルデバイスで受信した最新ライブデータへのアクセス(ローカルネットワーク接続で統計ページにアクセスして閲覧できます)
  • ローカルデバイスから送信されたデータはFlightAwareの追跡ログ上でハイライト表示されます
  • サイトパフォーマンスの詳細な統計
  • Enterprise Account(USD89.95/月)が無料になります

すぐに簡単に始めることができます!

下記説明書をお使いになれば、約2時間で完成します。パーツ費用は約100米ドル/80ユーロです。

PiAwareの作成は初めてですか?

既にRaspberry Piでdump1090を起動中ですか?

PiAwareの最新版のインストールについては、PiAwareインストール方法解説ページをご覧ください。
FlightAware PiAware: Skyview ADS-B software web interface
1PiAwareショッピングリスト

To build a PiAware, you must obtain the following components:

  1. Raspberry Pi 3
    • Raspberry Pi 2 can be used but a USB Wi-Fi adapter will be needed to connect to the internet wirelessly
    • Raspberry Pi Zero W can also be used
  2. Power supply for the Raspberry Pi
    • %1の電源を推奨します。
  3. Micro SD Card (size: 8 GB or larger)
  4. Micro SD card reader
    • %1またはそれ以上のマイクロSDカードを推奨します。コンピューターにSDカードスロットがない場合は、USB SDカードリーダー/ライターが必要です。
  5. RTL-SDR USB adapter (FlightAware Pro Stick or Pro Stick Plus recommended)
    • The USB adapter translates the 1090 MHz radio signal into something the computer can understand
    • Hint: If you are choosing between the FlightAware Pro Stick and the Pro Stick Plus remember the Plus has an on-board filter that works well in locations that have a lot of radio noise, such as urban environments.
  6. 1090 MHz Antenna
    • An indoor antenna can be purchased to start. If using the FlightAware USB adapter be sure the antenna has an SMA connector.
Additionally, you can choose to purchase or find the following items but they are not required.
  • Micro SD Card pre-loaded with PiAware
    • Skip the step to program the micro SD card
  • Raspberry Pi Case
    • Protect the Raspberry Pi from shorts
  • Ethernet Cable
    • This is needed if not using Wi-Fi
  • 1090 MHz Signal Filter
    • If you live in an urban environment or a location that has a lot of radio noise this will help filter out that excess signal
  • 200 joules Surge Suppressor
    • The Raspberry Pi is vulnerable to voltage spikes so consider a surge protector to prevent damage.
    • If you are in an area known for high voltage spikes consider an 800 joules surge protector

PiAwareの作成に必要なパーツは世界中のどこにでもありますが、サプライヤーや販売状況は国により異なります。United Kingdomで利用可能なアイテム一覧をリンク付きでまとめましたので、ご活用ください: あなたの国でより良いサプライヤーをご存知の場合は、ディスカッションフォーラムでお知らせください。該当する国のアイテム、サプライヤーをご覧ください:

Argentina | Australia | Canada | Germany | France | India | Mexico | Norway | People's Republic of China | Russia | South Africa | South Korea | Thailand | Turkey | United Kingdom | United States

2PiAwareをSDカードにインストールする

正確なドライブ
イメージをインストールするドライブを正確に選択してください
Windows
  1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.0 ZIP (320MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
  2. ダウンロードしたファイルpiaware-sd-card-3.5.0.img.zipを右クリックし、展開をクリックして圧縮ファイルを解凍してください。
    1. ファイルパスにスペースが含まれているとSDカードへのイメージの書き込み時に問題が発生しますので、スペースを含まないファイルパスにファイルを解凍してください。
  3. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従って解凍したPiAwareのイメージをマイクロSDカードにインストールしてください。
    1. プログラムは管理者として起動する必要がある場合があります(右クリックして「管理者として実行」)
  4. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを押し出します。
Mac Os X
  1. PiAware on Raspbian Linux 3.5.0 ZIP (320MB)をダウンロードしてコンピューター内に保存します。
  2. お使いのブラウザーが自動的にファイルを圧縮、展開しない場合は、ダウンロードしたpiaware-sd-card-3.5.0.img.zipファイルをダブルクリックして展開してください。
    1. ファイルパスにスペースが含まれているとSDカードへのイメージの書き込み時に問題が発生しますので、スペースを含まないファイルパスにファイルを解凍してください。
  3. https://etcher.io/でSDカードライター(約80MB)をダウンロードし、指示に従って解凍したPiAwareのイメージをマイクロSDカードにインストールしてください。
    1. プログラムは管理者として起動する必要がある場合があります(コントロール+アプリケーションを開く)
  4. PiAwareのインストール後は、手動でSDカードをコンピューターから取り出さない限り、Etcherが自動的にSDカードを押し出します。
追加情報が必要ですか?
詳細はビギナーガイドをご覧ください。

3PiAwareデバイスを起動する

  1. Raspberry Piに(PiAwareをインストールした)SDカードを挿入します。
  2. アンテナケーブルをUSB ADS-Bドングルにしっかりと差し込みます。
  3. Raspberry Piに他のすべてのケーブル(USB電源、イーサネット(LAN)ネットワーク、USB ADS-Bドングル)を接続します。
  4. Raspberry Piの赤色のLEDライトが点灯し、緑色のLEDライトが点滅しており、イーサーネット接続口の隣にある緑色と黄色のLEDライトも点滅していることを確認する。
4FlightAware.comでPiAwareクライアントを申し込む

PiAwareが起動するまで4~5分程度お待ちいただき、起動後にFlightAwareアカウントをPiAwareデバイスに関連付けます。これにより、参加者に与えられるすべての特典が利用可能になります。 デバイスの起動後は:

5自分のADS-Bの統計を見る

FlightAwareはすぐにあなたのデータの処理を開始し、30分以内に統計情報を表示します。あなたのADS-B統計情報:http://ja.flightaware.com/adsb/stats

FlightAwareの統計ページでは、あなたのデバイスのローカルIPアドレスと直接接続するためのリンクも掲載されています。

For information on the Statistics page please read the guide.

6成功!

飛行機からの信号は障害物を通過できませんので、アンテナは上空までの"直線の視野方向"に障害物がない場所に設置しなければなりません。最適な設置場所は250マイル / 400km以上の範囲をカバーできる屋外の屋根の上です。

PiAwareを使って、ADS-Bフィーダー様専用のFlightAware機能を存分にお楽しみください。 あなたの体験をシェアしたり、より詳しく学ぶには、ディスカッションフォーラムをご利用ください。

7高度な設定のためのオプション設定